タイへの海外旅行 基本情報

正式名称 タイ王国(たいおうこく)
国名英語表記 The Kingdom of Thailand
首都 バンコク
言語 タイ語
通貨 タイバーツ(THB)
時差 日本との時差は-2時間(グリニッジ標準時+7時間)日本が2時間早い サマータイムなし
アクセス 日本から飛行機
飛行時間 東京バンコク(行き)約6時間30分(帰り)約6時間15分・大阪バンコク(行き)約6時間(帰り)約5時間40分
気候 1年を通して気温は高い(熱帯)。雨季、乾季、暑季がある。
治安 バンコクやパタヤ、プーケットなど観光地はおおむね良好。マレーシア国境付近に渡航中止勧告あり
チップ 基本的には不要 タイマッサージでは支払う習慣あり(2時間100THB程度) レストランやバーではお釣りの小銭を支払う
飲料水 水道水は飲めない・氷も注意
トイレ 使用済みのトイレットペーパーを流さずに備え付けのごみ箱に捨てる ローカル駅を含む公衆トイレは有料の場合が多い
外国語 観光地では英語が通じる
パスポート タイ入国時6ヵ月以上が必要
ビザ(査証) 不要(30日以内の観光目的の場合)
電圧とコンセント タイの電気は220V、50Hzで、プラグの形は日本と同じ2穴のA型やBF、Cなどがある。ホテルでは日本と同じコンセントが挿せる場合が多い。日本は100V、50/60Hzで日本の電化製品は変圧器が必要になる場合がある。スマホ充電はそのまま可能
キャッシュレス決済 屋台や個人商店、ローカルレストラン、タクシーではクレジットカードが利用できない コンビニではクレジットカード利用の最低金額が設定されている場合がある
両替 日本より現地タイのほうがレートが良い スワンナプーム空港では空港敷地内と鉄道駅でレートが変わるので駅側で両替すると街中と同じお得なレートで両替できる
税金 ほとんどの商品に7%のVAT(付加価値税)が必要。外国人旅行者は条件が揃っていればVATが払い戻される(タイ国内で消費されるサービスにかかる税金は還付の対象外)
喫煙 喫煙は満20歳以上。電子タバコ持ち込み禁止。公共スペースとその入口から半径5m以内における喫煙が禁止(違反者は罰金2000THB)
飲酒 飲酒は満20歳以上。販売は11:00-14:00と17:00-24:00のみ。仏教関係の祝日、選挙の前日18:00以降と当日24:00までは禁酒日となっており、酒類の販売および飲食店での提供がない
運転 日本の国際免許証で自動車やバイクの運転ができる。バイクは日本のような原付制度はない(日本の原付免許ではタイでバイクに乗ることができない)
レジ袋 コンビニ・スーパーのレジ袋は有料、エコバッグ推奨(スタッフ次第で無料で袋が貰えるコンビニもある)
動画・写真撮影 多くの博物館の館内、特別な寺院の内部や本尊は撮影禁止
銀行 月曜-金曜 8:30-15:30、土日祝日休業
郵便局 月曜-土曜 おおよそ9:00-17:00(民営のため統一されていない)、日祝日休業(日曜日営業している郵便局もある)

このホテルの予約・プラン検索