ハワイへの海外旅行 基本情報

正式名称 ハワイ州(アメリカ合衆国)
英語表記 State of Hawaii (The United States of America)
州都 ホノルル市(オアフ島)
言語 英語・ハワイ語
通貨 米ドル(USD)
時差 日本との時差は-19時間、日本が19時間早い サマータイムなし
アクセス 日本から飛行機
飛行時間 東京ホノルル(行き)約7時間30分(帰り)約8時間30分・大阪ホノルル(行き)約7時間50分(帰り)約9時間10分
気候 ハワイにも四季があるが寒暖差は少なく年中がベストシーズン
治安 米国内では治安は良く、ワイキキエリアなどはおおむね良好 ローカルエリアは注意が必要
チップ サービスを受けたときにチップを渡すのが慣習 レストランはレシートで複数から金額を選択できる場合が多い 飲食店のテイクアウトはチップ無しでおすすめ
飲料水 水道水を飲料水として飲んでも問題はないがミネラルウォーターが安心
トイレ 日本と同じくトイレットペーパーを流せるトイレが一般的 ウォシュレットは設置されていない 防犯上トイレに鍵をかけている店も多い
外国語 ワイキキエリアなど観光地は日本語が通じるホテルや店舗も多い
パスポート 帰国時まで有効なもの(入国時90日以上が望ましい)
ビザ(査証) 不要(90日以内の観光・商用目的の場合)※ESTAの取得が必要
電圧とコンセント ハワイの電気は電圧は110/120V、コンセントの形は日本と同じタイプA。日本は100V、50/60Hzで日本の電化製品も使えるが長時間の場合、変圧器が必要になる場合がある。スマホ充電はそのまま可能
キャッシュレス決済 ハワイではクレジットカードが日本よりも普及しており、現金なしでも滞在できる。チップもクレジットカードで支払えるシーンがあるが、現金を渡す場合もあるので両替は必須
両替 米ドルは日本で両替してもレートは良い
税金 ハワイではショッピング、食事の際に約4.166%(オアフ島のみ約4.712%)の州税がかかる
喫煙 ハワイ州は21歳から喫煙可能。日本人の20歳の旅行者は注意が必要
飲酒 飲酒は満21歳以上が可能。日本人の20歳の旅行者は注意が必要
運転 日本の運転免許証で運転可能(国際免許証必要なし)但しトラブルの際はレンタカー会社が提供している免許証翻訳サービスの翻訳書があったほうがよい
レジ袋 オアフ島では2018年7月1日から、再利用できるショッピングバッグ(レジ袋)について1枚につき15セントが課金される。エコバッグ推奨
動画・写真撮影 空港では撮影禁止の場所が多数ある また軍事施設や民間でも訴訟大国なので注意が必要
銀行 月曜-木曜 8:30-16:00、金曜 18:00まで 土日祝日休業
郵便局 郵便局によって様々 土曜も営業している窓口もある。日曜は休業

このホテルの予約・プラン検索