ピックアップ 注目のお勧め人気ホテル

マリーナ ベイ サンズ

マリーナ ベイ サンズ

【ソフトバンクSMAP CMで話題】 屋上のプールは宿泊者のみ利用可 カジノもあるシンガポールの新名所 ¥23,600~ (1室)

ホテル詳細と予約へ

おすすめ シンガポールの高級ホテル


ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポール スイスホテル ザ スタンフォード ザ・フラトンホテル ラッフルズ ホテル

リッツカールトン ミレニア
¥22,500~

スイソテル スタンフォード
¥11,800~

ザ フラートン ホテル
¥18,800~

ラッフルズ ホテル
¥32,200~

クラブフロアもある、最高級5つ星ホテル。シンガポールフライヤーのすぐそばにある。

MRTシティホール駅直結でどこに行くにも便利な立地が魅力の高層タワーホテル。

ランドマークとして、存在感のある建物をホテルに改装。夜のライトアップが最高。

アジアで最高級のコロニアルホテル。有名なロングバーは観光地にもなっている。


シンガポールのホテルをすべて見る


シンガポール基本情報 旅行準備に


・空港から近い中心部

シンガポールは、チャンギ国際空港が中心部から近いため、トランジットでも都心部のホテルが利用できる。タクシーやMRTで空港へ簡単にアクセスできる。


・シンガポールの気候

年間を通して気温の差が小さい。高温多湿だが1年中ベストシーズンといえる。


・日本とシンガポールの時差

GMT+8 日本より1時間遅れている サマータイムの設定はなし

空港からホテルまでの移動 アクセス

空港からホテルまでの移動 アクセス

シンガポールのチャンギ国際空港は、世界有数の市内中心部から近い空港。そしてタクシーの料金も日本よりはるかに安いため、空港からホテルまでのお勧めの移動手段はタクシーになる。メーターでの明朗会計でクレジットカードが利用できるタクシーも多い。女性の一人旅でも安心してタクシー利用ができる。

24時間運行している乗り合いのミニバス「エアポートシャトルサービス」もあるが、料金に大差がないため直行で宿泊するホテルまで移動できるタクシーのほうが便利。

空港にはMRT(電車・地下鉄)も乗り入れしている、荷物が小さい場合や、MRTの駅から近いホテルに宿泊する場合は安く移動できるので1つの選択肢になる。ただし、市内へ行くには空港線の「タナ・メラ駅」で必ず乗換えが必要になってくる。また朝や夕方など通勤時間は混雑するため、やはりスーツケースなどがある場合はタクシーが無難。


シンガポール ホテル おすすめ エリア

シンガポール ホテル おすすめ エリア

まず、マリーナベイエリアは一番のおすすめエリア。世界でも最も有名なホテルの1つとなった「マリーナベイサンズ」の他、美しいベイエリアの夜景が楽しめるホテルがある。シンガポールに滞在するなら1度は宿泊してみたい。オーチャード・ロード沿いの地区も高級ホテルが多数あり、おすすめの地区となっている。ショッピングやグルメといった旅にあわせた目的に充分答えられるエリア。

ビジネスでの出張などでは、「シティホール駅」「ラッフルズ・プレイス駅」など中心部に宿泊すればMRTも充実しているためどこに行くにも便利。シンガポールの場合は小さな都市国家なので、都市全体がおすすめエリアともいえる。

シンガポールは、東京と並ぶ物価の高い都市で日本のように格安のビジネスホテルが少ないため、予算に限りがある場合はゲイラン地区の「ホテル81」チェーンや「フレグランスホテル」チェーンを選ぶことになる。このエリアは女性や子ども連れの家族旅行には向いていないエリアなので、ある程度宿泊の予算は確保したい。


日本人向けサービスのあるホテル

日本人向けサービスのあるホテル

「パン パシフィック シンガポール」は、以前日系のホテルだったため、日本人向けのサービスが残っている。日本人スタッフがいるという情報もあるが、常駐ではない可能性があるので注意が必要。

「リッツカールトン ミレニア」や「シャングリ・ラ」「コンラッド センテニアル」「フラトンホテル」などの高級ホテルでは、日本語の話せるスタッフや日本人スタッフがいる場合がある。しかしこちらも確約ではないので英語での対応が標準と考えておいたほうがよい。