外灘(バンド)

浦東(プドン)外灘寄り

浦東(プドン)その他

南京東路 / 黄浦

市中心部 / 静安寺周辺

准海中路エリア

徐匯スーフイ(徐家匯)/ 衡山路

虹橋 / 長寧(チャンニン)

虹口(ホンクオ)

上海駅周辺

その他郊外

虹橋国際空港(ホンチャオ)

浦東国際空港(プドン)

空港からホテルまでの移動 アクセス

空港からホテルまでの移動 アクセス

日本から上海へ飛行機で行く場合、メインの「浦東国際空港」と羽田空港から到着する「虹橋空港」の2空港になる。

まず「浦東国際空港」から、市内のホテルへのアクセスは鉄道と、車移動になる。まず電車は有名な「リニアモーターカー 上海トランスラピッド(上海マグレブ)」と「地下鉄」も空港に乗り入れしている。予算と時間を考慮して使い分けられる。車は、タクシーとエアポートリムジンバス。バスはホテルを巡回するタイプではないので、スーツケースなど大きな荷物がある場合はタクシーがおすすめ。「虹橋空港」との乗り継ぎに利用できる空港間リムジンバスもある。

「虹橋空港」は、空港内には地下鉄は乗り入れしていない。少し距離があるが最寄の地下鉄10号線「虹橋一号航站楼」駅までの直結通路は整備されている。荷物がある場合は、こちらもタクシーが便利。女性の一人旅などでは、タクシーは不安かもしれないが、空港からの乗車は比較的治安も安心。ドアトゥードアでホテルまでアクセスできるタクシーの選択がベター。


上海 ホテル おすすめ エリア

上海 ホテル おすすめ エリア

観光での宿泊おすすめエリアは、やはり「外灘(バンド)・南京路」エリア、租界時代のクラシックホテルや建物が多数あり、独特の雰囲気やリバーサイドの夜景などが楽しめる。ただし予算はある程度必要になってくる。格安のホテルを探すなら、「上海駅」周辺の地区などに多数3つ星ホテルがある。

ビジネスでの訪問であれば、羽田から到着する虹橋空港に近い「虹橋・中山公園」エリアや、川を渡った「浦東新区」がビジネスエリアとなっており、ビジネスホテルや出張向けの高級ホテルが多数ある。


日本人向けサービスのあるホテル

日本人向けサービスのあるホテル

上海で日本語での対応が可能なホテルは、まず日系ホテルの2軒「オークラ ガーデンホテル上海(花園飯店上海)」と「ホテル ニッコー上海(上海日航飯店)」がある。JALホテルズもオークラの参加になったので、2軒ともホテルオークラ系列となっている。フロントでのチェックインから日本人スタッフが在籍しており、館内の日本食レストランなどでも日本語OKとなっている。

その他、5つ星の高級ホテルでは日本人スタッフが常駐ではないが、1名程度在籍しているホテルや日本語対応可能現地スタッフがいるホテルもある。また出張での中長期滞在に適しているサービスアパートも日本人向けのものがある。暮らすようにゆったり過ごせるサービスアパートメントも選択肢のひとつになる。